毎日のバストケアで理想のバストを目指しましょう!

2014年11月21日

バストケアでハリのあるバストを!


バストアップを保つためには日々のバストケアは大切です。

正しいバストケアをするためには、
バストの構造や理想のバストの定義を知ることも必要です。

バストは乳腺、脂肪組織、クーパー靭帯という線維の束でできており、
それらを大胸筋が支えています。


大胸筋はバストの上部全体を覆っていて、
ここを鍛えることでバストアップや
形がキレイなバストを保つことができます。

つまりバストケアは、
バストを支えている大胸筋を意識的に鍛えることが
必要だと言えます。


バストは年齢を重ねていくにつれて、
ホルモンバランスなどの影響を受け
乳腺やバストの構造組織が変化していくため
下垂したり、脇に流れたりする傾向にあります。

さらに、皮膚の伸縮性や柔軟性もなくなっていくのですね。
ですから、お顔のケアと同じようにバストケアにも気を配りたいものです。

バストだけではなく、デコルテも加齢とともに老化がすすみます。
つい忘れてしまいがちな部位ですが、
乾燥してシワが目立つ前に
バストケアとともにデコルテも保湿をしておきましょう。


ところで、理想のバストとはどのような形をいうのでしょうか。
バストの形はさまざまですが
理想は丸いお椀形だそうです。

これは日本人にいちばん多い形だそうで、
バストが横に流れていないことも重要な条件です。

ほどよいハリがあると、バストは流れにくくなりますから
バストアップのためのエクササイズやマッサージなど
理想の形をキープできるように日々、バストケアを心がけましょう。




posted by バストケアに夢中♪ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | バストケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。